MENU

香水はワキガに逆効果

香水は欧米人の歴史ある文化です。

 

もともと肉食の欧米人の体臭がきつく、その強い匂いを交わして、好ましい匂いにするために元来、発達してきたものです。

 

一方の日本人はどうかと言うと、日本にも「お香」という文化があります。

 

これも欧米の香水と同じような理由で発達してきたといえます。

 

昔は現在のように毎日お風呂に入り、髪を洗うような生活状態ではなかったのですから、いくら体臭の少ない日本人といえども、かなりの匂いがあったと思われます。

 

最も単純な方法である「匂いで臭いを封じ込める」と言う考えは、軽度のワキガなら有効ですが、ワキガ臭が強ければ、むしろ逆効果となります。

 

強い匂いには、さらに強い匂いを用いねばなりません。

 

強い香水は強いワキガ臭と同じように周囲に嫌われます。

 

またこの方法では、ワキガの匂いと香水の匂いが混じり合い、さらにひどい悪臭になりかねません。

 

やはり湧き出しは何かで隠すのではなく、「出さない」ことを考えるべきなのです。